2017年下半期は、私の周りの何人かの大切で大好きな友人の誕生日に、花を贈りたい。自分が小さいながらも得てきたことを、どこかでなんらかの、形にしてみてもいいと思った。

 

 

 

 

 

思う

 

 

 

朝自転車にまたがりながらコンバースは薄くて寒いな、バイトってやっぱ疲れるな休みたいなと思っていたら、私の横を裸足にビーサンの少女がすり抜けていって何もかもまだまだ頑張らないとと思った。なぜか負けていられないとすら思った。何にだよ。

 

大人にっていうか社会人にほんとになれるのか不安で、まあなれるとは思うけど、チャットモンチーの親知らずになぜかグッときてしまう。

 

今日は催事で来てた高久製パンの玄斎カレーパンと粒ピーナッツを食べた。誰かと共有したい感じの美味しさだったからひとりセンチメンタルな気持ちになってしまった。

 

今週中はスーツで学校、、あー汚い格好してバイトしてるほうが何倍も楽だなって本当思う

 

 

 

 

 

年はじめ。




家族は皆健康で彼氏との仲は良好でバイトも楽しい。きたる就職活動のみが私の毎日に暗い影を落としている。

きがつけば溜息ばかりついている。

今日から学校だったが家を出る前、お腹を二度下した。普段は何に当たったこともないこの自慢の丈夫なお腹なのに。卒論を進めていないという罪悪感が、就活が近いという不安が、学校が始まるという気怠さが作用したら、いとも簡単に下した。








さてさて昨年から立て続けに思い知らされている、私の世間知らずに一番呆れているのは私自身。今日は慰安婦問題と十五年戦争をググった。

この前振り袖を着た気がしていたけれど気がつけばもう「今更聞けない」ばかりの人になっていた。




朝聞いてたのは池上彰慰安婦問題の解説だけど夜はくるりだった。夜がくるりで閉じたならまあ良い日ということになる気がするのだった。

近況






""自分を大事に思ってくれる人を、簡単に手放しちゃいけない。みくびったり、おとしめたりしちゃいけない。そうしないと、ぼくみたいになる。ぼくみたいに、愛していいひとが、誰も居ない人生になる。簡単に、離れるわけないと思ってても、離れる時は、一瞬だ。そうでしょう?""







最近は、恋人のこと、将来のこと、たくさん考えてちょっと、いやかなり、疲れてしまった。ほんとうにずっと考えていた。
答えは出ないけど、バイトや課題に追われるせわしない日々の合間の読書で、ぼろぼろ涙をながした。
読書は気休めであり必要不可欠なパートナーであって、涙もまたしかり。



私は本当はもう全力で守るべきものがあること、わかってるんだろうと思うな。







11月の下旬、父が誕生日を迎えた。
大きなホールのイチゴケーキが毎年の恒例で、母があなたって子供みたいって言うのも毎年の恒例。腑に落ちない表情の父に誕生日くらい、いいんじゃないってわたしが言って、だよなあと父は嬉しそうだった。
わたしは父に対して、そう言う類の優しさを、今年初めてかけた気がした。いつもごめんねと思う。今年はなんとバースデーソングを歌ったしロウソクも立てた。すごい。すごい楽しかった。こんなことって、小学生だった頃以来かも。



父と母がいつまでも仲良く、健康でありますよう。

私がちゃんと、進路を見極められますよう。
私を大切に思ってくれる人をどうかどうか、私も大切にできますよう。



願いばかりが、年末に向けて降り積もるなあ





そういえば花束を作らせてもらえるようになった。うれしい。







もう何もかも割とすごくまじで疲れてしまった。夜の歩道橋や夕暮れの線路沿いをまた星野源のフィルムを聴きながら歩きたい、ココアとグレーズド・ドーナツで乾杯したい、ネジを巻かない、社会的に息すらしてないような日が本当にこの世で何よりも大好き。


5時間5連勤と11時間3連勤ならどちらが楽かとかほら、考えがどんどんみみっちくなる


疲れてくると仕事の出来は覚醒するが、プライベートは全部ダメにする。きのうは完璧に仕事を終わらせたあと22時に唐揚げ串とチョコレートを食べました。


彼からの電話は寝てもいい?の一言で切りましたしもう何もかもすみません






仕事仕事言ってるけど私は学生であり仕事というかバイトであって、なぜこんなに負担過多なのかわからない。人が足りておらず過酷な労働条件下にあるのは別に牛丼屋だけじゃないって身をもって知った21秋、来月も条件と違うシフト出してきたら怒っちゃいそう。


ずっと心の中でしか怒れないので誰かぶん殴って寝かしてください。











 



"いつもはいつまでもじゃない"


ひらのさきこさんのブログで前に読んだようなフレーズがずっとずっと頭に残っていて、でも久々にアクセスしたそこは移動して彼女のページは消えていた。永久なのか一時的なものなのか。




でも本当にそうだね、分かってるようでいて分からないこと、多いね。冷えた脂の塊みたいなのが心の壁にこびりついて、いつまでも温まり溶けることを拒んでる。夜のきらめきをこれからいくつも一緒に見たい。貴方とじゃなきゃと思う、思うけれど。


安心できる?大切にしてくれる?果たして本当にそれだけで良い?


迷ってしまう自分が情けない、私こそ何も、もってなどいないくせに。




何もかも置いて北とか南とかとにかくめちゃくちゃ遠くへ飛びたい、逃げ出してしまいたい。夢のような日は瞬く間に過ぎて、また朝が来る。彼は働きに出たけれど私は一日中、ネジを巻く事が出来なかった





心がふやけて破れてしまいそうな日な翌日は、私の腫れやすいまぶたを本当に本当にうらむことになると知っている。だってもう20年以上も、一緒だ


ああ大人に、ちゃんとした大人に、本当に、なれるだろうか。















f:id:kanso_hada:20141115123831j:plain


色の薄いくつを洗うと何トーンか明るくなって綺麗になったのがわかりやすいから、こちらもすがすがしい気持ちになる。久しぶりにベランダ出たら寒いのに花が咲いてて種類も増えていて母すげぇと思った