頭の悪さにいつも辟易してたのかな

 

 

 

 

とても優しかった、あまりに真面目だった彼女は疲れ果てて壊れてしまった。八方美人も自己犠牲も適当にしておかないと身を滅ぼしてしまう、とニュースや学校で目にする他者を見て思う。心が見返りを求め始めたらその時点でおしまいにするべきだと気が付きたい。

 

あの優しさも笑顔も、全部はりぼてだったのかと思うとただなんとなく悲しさだけが胸に広がった。それだけ。